卒酒して健康になろう!

ドイツ在住のYasuが卒酒を機にブログを始めました。卒酒以外の健康への取り組みも書きます。全ては旅行のために

ドイツで卒酒107日目。酒は少量でも脳に悪いbyオックスフォード大




こちらでたびに関する情報を配信しています。よろしく!

世界を楽しむSKYブログ!マイルを貯めてビジネスクラスで里帰り



卒酒してから107日が経過したYasuです。

皆さんアルコールなし生活エンジョイしているでしょうか?

卒酒であなたにも幸せが訪れますよ。

 

酒は少量でも脳に悪い!

酒を少量でも長期間飲み続けると

脳に悪影響が出ると英国のオックスフォード大学の研究で結果が出ました。

 

酒を少量でも長期間飲み続けた人は

全くのない人やほとんど飲まない人に比べて

脳に異常が出ることがわかりました。

 

酒を飲めば飲むほど記憶を司る海馬が萎縮していく

すなわち「酒を飲めば飲むほど記憶力が悪くなるリスクがある。」

とういう結果です。

 

さらに少量の飲酒でも脳梗塞心筋梗塞になりやすくなる

さらに飲酒は脳出血や蜘蛛膜下出血の原因でもあります。

 

WHOの国際がん研究機関では酒はガン物質扱い!

WHOのガン研究機関である国際がん研究機関では

酒はグループ1(確実な)発がん物質とみなされています

タバコやアスベストと同じグループに属しています。

 

Jカーブの嘘

多くの酒造メーカーなどで使われている

Jカーブ。

 

全く酒を飲まないより、少量飲酒をする方が

健康にいいということを言うために

頻繁に使われているJカーブですが。

 

このJカーブは酒造メーカーによって

都合の良いように作られた嘘です。

 

全く酒を飲まないグループには

病気で酒を飲まなくなった人や

もともと病気で酒を飲めない人が

全く酒を飲まない人のグループに入っていたのです。

 

そのため、適量飲酒のグループが

健康的である結果を示していたのです。

 

世の中恐ろしいですね〜

大企業はお金儲けのために

巧みに情報を操作して、物を売ろうとしますよ〜

 

先に紹介したオックスフォード大学の研究結果もそうですが

研究なんて、得たい結果のために操作することなんて簡単で

はっきり言ってなんの信頼性もありません。

誰がこれらの研究のための資金を提供していると思いますか?

企業です。その企業に悪影響になるような結果を出すでしょうかね?

 

だから数年前はこうだった結果かが

今では全く別なんてことはそこら中に転がっています。

 

論理的思考とか言って、もてはやされていますが

頭を使いすぎるばかりに、

最も重要な何かを察知する感覚が鈍くなって来ているのです

だから、メディアに踊らされる人が多くなって来ているのでしょう。

 

私は酒は体に悪いと思っているので

酒が体にいいと言われてももう信じないですけど

何を信じるかはあなた次第です。

 

卒酒で

『あなたにすべての善きことが雪崩のごとく起きます』