旅好きYasuの卒酒して健康になろう!

ドイツ在住のYasuが卒酒を機にブログを始めました。卒酒以外の健康への取り組みも書きます。全ては旅行のために

本当に恐ろしいお酒。脳を溶かす悪魔の水 卒酒九日目

卒酒してから、最高に気分がいいので

色々とお酒と脳みそとの関係を調べていたのですが

なんとお酒を飲むと脳みそが溶ける(萎縮する)というのです。

これは驚きですし、恐ろしい。

 

お酒を飲むと肝臓などの内臓に影響があるのは

有名ですが、脳にも影響があるのです。

 

よく考えてみたら影響があってもおかしくないですよね

お酒を飲むと何度も同じことを言ってみたり

シラフの状態だとやらないことをやってみたり

ブラックアウトしたりしますからね

脳に少なくともなんらかの影響があっても

全然おかしくないと思います。

 

酔っ払ってまず影響が出るのが前頭葉

前頭葉は理性をコントロールする部分

ここがおかしくなって、普段なら言わない

下ネタなどをいうようになるとのこと

 

さらにアルコールを飲むと小脳がやられてきます

ここは運動神経を司る部分

まともに歩けなくなったりしますね。

 

そして、まだまだ飲むと海馬が麻痺してしまいます

海馬は記憶する場所。

酔っ払いが何度も同じ話をしてしまうのは

この海馬がおかしくなてきているので

短期的な記憶能力がおかしくなっているから

 

記憶がなくなるほど飲んでも

きちんと家に帰れているのは

長期的な記憶に保存されているから

帰れているらしい。

 

飲酒は脳を萎縮させる

飲まない人と飲む人の脳を比べると

10−20%萎縮しているらしい。

 

萎縮した脳はもう戻らないと言われていますが

アメリカの研究でアルコール依存症患者が

断酒したところ脳細胞が爆発的に生成されて

七日後には倍増したとのことです。

 

脳の萎縮は回復していませんが

お酒をやめることで脳細胞は回復するのです。

これはお酒をやめる大きな理由になると思います。

 

脳の萎縮は認知症うつ病のリスクを高め

さらに、体の様々な場所に障害を与え

生活の質や日常生活活動に阻害を与え

人生そのものを台無ししてしまう可能性を秘めている。

飲酒は本当に恐ろしいものなのです。

 

お酒は百薬の長というのは嘘です。

適量飲酒は体にいいこれも嘘

大会社がお金を稼ぐために流している

大衆を欺くためのプロパガンダです。

お酒は飲まないに越したことはないです。

 


お酒はあなたの大切な健康も時間もお金も奪います
私と一緒に卒酒生活始めあましょう!

 

健康でなければ旅行も楽しめません健康生活は時間とお金を節約できます

下記私の旅行ブログもよろしく!

この旅行ブログではまだお酒の話題が出てきていますが

旅行に行ったのが7/16以前のためです。ご了承ください。

世界を楽しむSKYブログ