卒酒して健康になろう!

ドイツ在住のYasuが卒酒を機にブログを始めました。卒酒以外の健康への取り組みも書きます。全ては旅行のために

節酒が無理な人の3つの特徴

https://www.instagram.com/p/BT_7r7dlfnB/

スイス国外ではなかなか入手が難しいスイスワイン🍷🇨🇭をいただきまーす。http://toeictaisakukouza.com#followme #follow4follow#nice #lovely #tripstagram #trips #trippy #trip #tripstagram #tripsinfo #tripsy #travel #travelgram #traveling #travelingram #travels #travelstyle #ホテル #旅行 #海外旅行 #家族旅行 #restaurant #yummy#美味しい #美味しかった #レストラン #foodie #foodies #foodiesofinstagram #foodieforlife #ブログ

皆さんアルコールなし生活エンジョイしているでしょうか?

卒酒であなたにも幸せが訪れますよ。

 

これは私の経験から言えることです。

 

節酒は無理です!

 

酒は一度飲み始めてたら、止まらなくなります。もともと飲めない人は別として、私のようにお酒が結構飲めてしまう人が節酒するのは無理だと思っています。

 

節酒が無理な人は

1、酔うためにお酒を飲んでいる人

2、一人でも酒が飲める

3、暇になると酒を飲んでいる人

 

上記の特徴はまさに以前の私ですが、このような特徴がある人は節酒ではなくて、酒自体を辞める決意をしないと、そのうちアル中になってしまうでしょう。

 

1、酔うためにお酒を飲んでいる人

私も以前はそうでした。酒が美味しいというより、酔っ払いたくて酒を飲んでいました。ま、いろいろな理由がありますが、何か気に入らないことがあった時はもちろん、何かいいことがあった時も飲んでいましたし、何もなくても飲んでいました。

 

結局、酒を飲んで現実逃避するのが目的で、何かにつけて、理由を見つけて酒を飲んで酔っぱらおうとしていたのだと今から考えるとそう思います。

 

こういう人はアル中になってしまう特徴だと思います。気をつけましょう。

こういう人は節酒はほぼ無理と思った方がいいですね、酔っ払うまでだらだらと飲み続けてしまうので、今日は控えめと思って飲み始めても結局は同じくらいの量を飲んでしまうでしょう。

 

2、一人でも酒が飲める

一人で酒を飲める人は本当に気をつけないとアル中になってしまうと思います。特に家hで一人酒なんてやばいですね。こういう人は節酒は無理です。私がそうでした言い切れます。

 

今日はワイン一本で終わりにしようと、ワイン一本だけ買って帰っても、一本飲み干したら、次が欲しくなって、結局何時ものように酒を飲める限界まで飲んでしまうのです。

 

節酒ではなく、酒を辞める決断をしましょう!

 

3、暇になると酒を飲んでいる人

以前の私がまさにそうでしたが、少しでも時間が空くと酒が飲みたくなる。酒を中心に世界が回っているようになっていった時期がありました。

 

仕事終わりには毎日スーパーに寄って酒を買ってかる。

週末に至っては朝から酒を飲み始めて、1日ほぼ酔っ払っている状態。

 

これを絶対にやらなくてはならないという用事がなければ、ほぼ酒を飲んでいるような状況、このような人は節酒するのは難しいでしょう。

 

結論

私も以前そうだったのでよくわかりますが、以前の私と特徴が似ている人は酒を飲み始めると次々と欲しくなってしまって、結局飲む量を抑えることなんてできません。

 

そんなんことでできるようであればアル中なんかにはならないですよね。きっぱりやめてしまう方が節酒するより簡単であるのは明白です。

 

酒が中心で生きていると、酒なしで人生なんて考えられなくなってしまいそうですが、実は酒が飲めなくても結構どうにでもなるもんで、酒がなければ無いで楽しく過ごせるものなのです。

 

私も酒を辞めるのに結構迷いましたが、いまでは酒をやめておいてよかったと思いっています。

興味ある記事を掲載します。

皆さんアルコールなし生活エンジョイしているでしょうか?

卒酒であなたにも幸せが訪れますよ。


興味ある記事を掲載します。
削除される前に拡散を
実は、STAP細胞は簡単に御家庭で作れるのです。
もともと熊本大学で研究され、理研に委ねられたそうで、素になった培養液は「玄米乳酸菌」。
小保方さんは、偶然的に(言われるままに)その培養液でのSTAP細胞分裂に成功する。
そんなもの作られては、医薬品業界の一大事!あわてて封印されましたが、現在某アメリカ薬品会社が特許出願したとの事で、全てが利権がらみ。
そこで今、ひそかなブームと成っている「玄米乳酸菌」、要するに酵素体の菌で、これを飲むことで自然に体内のSTAP細胞を活性化し若がえり、細胞の再生化が活発になります。
...
(玄米乳酸菌のレシピ)
材料…無農薬玄米 1合
天然水 1.5 L.
天然粗塩 15 g
黒砂糖 45 g
(作り方)
1.水 0.5 L に玄米 1合を入れ、1日ひなたに置く。
2. 1.に塩 15 gと残りの水 1 Lを入れ、1日ひなた
に置く。
3. 2.に黒糖45 gを入れ、3~5日間ひなたに置く。
さあ~これだけで、不老長寿ドリンクの出来上がり。
僕は、THE STAPと呼んでいますが、あんまり長生きしても後輩のみなさんに申し訳ない時代で、この乳酸菌、50ccと豆乳200ccを合わせて、1~2日常温で置くと、STAP豆乳ヨーグルトの出来上がり。
金さん銀さんも夢じゃない!
100まで生きて100万円もらいましょう…いろんなレシピがあるようですので検索してください。
酵素は、フリーエネルギーです。
特に稲魂パワーは、No.1!
昔、研究していた真菰ドリンクもStap細胞なんだと解明。
時には良い事、お伝えしたいと思い書きました。
も一度「STAP細胞は、作れます!」拡散お願いします。
(転載ここまで)

 

1ヶ月で10キロ痩せて20年間リバウンド知らずの私からのダイエットで成功するための提案

皆さんアルコールなし生活エンジョイしているでしょうか?

卒酒であなたにも幸せが訪れますよ。

 

私はダイエットに成功しています。
成功しましたと言わずに、成功していますと言っているのは
現在進行形だからです。ダイエットに終わりはありません。

私のダイエット歴はかれこれ20年になります。

私がダイエットを開始したのは高校2年の夏休みでした
それから、20年間リバウンドすることなく
痩せた後の体重をキープしています。

その夏休みで減量した体重は12キロでした
約一月半で12キロの減量に成功しました。

当然、夏休みが終わって学校に行くと多くの同級生から、
「どうしたの?」とか「整形した?」
とか言われました。

この20年の間、アメリカに留学して
無駄に多い食事やジャンクフードばかり食べていた6年半もあり、
お酒を飲み始めたころも含んでいますが
体重は増えずにキープしています。

ドイツに来て約1年になりますが
ドイツの外食もアメリカに負けず劣らず無駄に多いですが、
体重は増えずにキープしています。

まず、私が高校時代に取り組んだことは
2つだけです。

1、飲み食いする量を減らした
2、運動量を増やした

これだけです。簡単です。

その頃も色々なダイエット方法などが
テレビや雑誌、書籍(その時代インターネットはまだ無かった)
などで紹介されていましたが

私は一切そういうものには目を通しませんでした、
これは自分考えたオリジナルの方法というより
極基本的な誰でも知っている方法だと思います
言ってみれば王道です。

「1、飲み食いする量を減らした」についてですが
・お菓子が好きで間食をよくしていたのですが間食は完全にやめました。
・食べるのは朝昼晩の3食だけ
・飲み物もジュース類、清涼飲料水などは完全にやめて、水とコーヒーくらいしか飲みませんでした。

「2、運動量を増やした」は
高校時代は部活をしなかったので、まったく運動していませんでした
ですから、毎日走るようにしました。

私が行ったのはこれだけです。
何も難しいことはありません。

これは現在も続けています。
基本的に毎日の生活はこの2つの事を行っています。

現在は夜の1食しか基本的に食べませんが
間食はまったくしないようにしていますし
運動は毎日基本的に行っています。

ダイエットは目標体重に一時期なることではなく
その後も継続して、キープすることです
そして、何より健康にアクティブに毎日を過ごすことです。

周りが言うことに惑わされずに
あなたが一生継続しいけると思える方法で
健康的に痩せて、楽しい毎日を過ごせるようになりましょう。

あなたの参考になれば幸いです。

 

ドイツで卒酒半年経過。あけましておめでとうございます。

久しぶりのブログです。明けましておめでとうございます。

卒酒はまだまだ続けています。

1月の16日で卒酒してからおかげさまで半年が経ちました。

 

普段は特にお酒を飲みたいと思うことは全くないので

以前のように酒浸りになることはないと思っていますが

人生何が起きるかわからないのでなんとも言えませんが

今年もよろしくお願いいたします。

 

最近は更新が滞っていたのですが

また、以前のように頻繁に更新できるように頑張りたいと思います。

 

ドイツで卒酒165日目。エッグタルトの本場ポルトガルのポルトでエッグタルトの食べ比べ!ここが一番!エッグタルトが美味しいお店3選

卒酒してから165日が経過したYasuです。

皆さんアルコールなし生活エンジョイしているでしょうか?

卒酒であなたにも幸せが訪れますよ。

 

今年も残すところ後1日になってしまいました。この記事はパリに行くICEの中で書いています。今年も色々なところに行くことができて本当に良い年になりました。来年はどのような年になるか今から楽しみです。

 

来年も健康で旅行の多い年になるようにしたいと思っています。

 

さて、2017年の10月に訪れたポルトガルポルト世界遺産の街で、街並みも当然美しかったのですが、エッグタルトがとても美味しかったので、そこら中でエッグタルトを食べていました。

 

エッグタルトは数年前に日本でも流行りましたが、私は日本では食べたことがないので、日本のものとポルトガルのものは比べられませんが、ポルトガルで多くの人に愛されて、そこらじゅうのカフェやパン屋さんでエッグタルトがいただける理由がわかりました。単純に美味しいです!

 

我々がいただいたエッグタルトを勝手にランキングして、ベスト3を決めました。ポルトに行ったら、ぜひここでエッグタルトを食べてください!

 

ベスト3 ポルトの老舗 Confeitaria do Bolhão

ここはポルトでは老舗のパン屋さんでカフェ、観光客だけでなく、地元の人たちにも愛されているお店。我々が伺ったときには店内は満員で人気のほどがよくわかりました。

 

エッグタルトはとても優しいお味で、昔からの味を守っているのでしょうね。

ここはエッグタルトより、カステラの原型と言われているパンデローをお勧めします。

 詳細はこちらをご覧ください

 

スト2 Fábrica da Nata - Porto

ここはポルトにあるエッグタルトの専門店。我々の中では次に紹介するベスト1のエッグタルトを食べるまでは、ここがベストでした。ポルトを去る間際までここのエッグタルトを買って持って帰ろうと考えていたくらいです。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

ポルトでエッグタルトを食べるならここFábrica da Nata ポルトでエッグタルトを食べるならここFábrica da Nata

 

ベスト1 Manteigaria

ここはリスボンに本店があるエッグタルトの老舗専門店。ベスト2との差はわずかですが、ここのエッグタルトの方がFábrica da Nataのものより均整が取れている印象です。全てが綺麗にまとまっている。特に、我々が気に入ったのはシナモンの上品さ。これが決め手でベスト1に輝きました。詳細はこちらをどうぞ。

 

ドイツで卒酒164日目。この美しい歌声を聞いてください。エンジェルボイスとはまさにこのこと

卒酒してから164日が経過したYasuです。

皆さんアルコールなし生活エンジョイしているでしょうか?

卒酒であなたにも幸せが訪れますよ。

 

私はクラシック音楽が大好きで、結婚する前、特に学生時代はいろいろなコンサートに出かけていました。CDも数百枚持っていましたが、ドイツに引っ越してくる際にほとんど手放してしまいましたが、いまでもたまにyoutubeでライブの映像などを見つけて見たりしています。

 

今日、youtubeで本当に素晴らしいBoy Sopranoを見つけてしまいました。その名はAksel Rykkvin君、ノルウェーの少年で、現在14歳。5歳の時にオスロの教会で歌い始めて、いろいろな教会やコーラスで歌い、その美しい歌声が話題となりノルウェーのテレビやラジオだけでなく、ヨーロッパのいろいろな国のテレビやラジオなどでも紹介されている素晴らしい才能です。

 

Boy Sopranoの魅力は何と言っても、少年とはいえ女性にはない力強さが備わっているところ。美しさと力強さを併せもつエンジェルボイス。

 

とりあえず聞いて見てください。素晴らしいです。

 

 

ドイツで卒酒163日目。モンサントをご存知ですか?これを見てください。

卒酒してから163日が経過したYasuです。

皆さんアルコールなし生活エンジョイしているでしょうか?

卒酒であなたにも幸せが訪れますよ。

 

モンサント遺伝子組み換え作物の世界最大手のアメリカの企業です。彼らの主力商品はラウンドアップという農薬とその農薬に大勢のある遺伝子組み換え作物のタネを売っている会社です。

 

このラウンドアップという農薬はベトナム戦争で使われた枯葉剤と同じものです。遺伝子組換え作物を育てるにはこの農薬が大量に使われているんのです。その結果、遺伝子組み換え作物を生産してる国々では多くの農民たちがガンなどの病気を発症しているのが現実なのです。そんな作物食べたいですか?

 

そして、この遺伝子組み換え作物の安全性関するモンサントからの情報は全て改ざんされているのです。遺伝子組み換え作物の安全性に疑問唱える多くの研究者や政府関係は弾圧されて来ているのもこのドキュメンタリーで紹介されています。このような会社が作っている製品を食べたいでしょうか?

 

モンサントの社内では遺伝子組換え作物を食べることが禁止されているのです。自社の製品を自ら食べない会社の商品を食べたいですか?

 

日本の大豆輸入率は90%以上です。そして、その7割がアメリカからです。アメリカの大豆の遺伝子組み換え作物率は約90%です。アメリカに続くのがブラジル、カナダですがその両方の国で遺伝子組み換えさ大豆が生産されています。大豆は様々な食品に使われています。豆腐、醤油、味噌、など日本の食卓に欠かせないものばかり。金儲けのことしか考えていない日本の大手食品メーカーがわざわざ国産の大豆をしれているとは到底考えられません、当然輸入大豆を使っているでしょう。日本の食卓は大丈夫でしょうか?

 

この遺伝子組換え作物や添加物のことをしれば知るほど、日本に帰るのが怖くなって来ました。日本に帰ったら何も食べるものがなくなる。自分で作るしかなくなります。本当にこのままでいいのでしょうか?

 

消費者が賢くなって、この大企業の儲け主義を拒否して行くしかありません。